スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年03月23日

露連邦軍 6B3 TM-01 フローラ迷彩

フローラ迷彩の6B3 TM-01の紹介をします(長いのでフローラ6b3と呼んでます)


TM-01といっても6B3従来の沢山プレートを入れるタイプ、現代では主流の大きいプレートを入れるタイプとあるようで?紹介するのは後者の大きいプレートのタイプになります。
(ぶっちゃけ6B3だけでもバリエーションが多くて把握しきれてません…)




前部裏側

本来はベルクロ部分にクッションパッドが着きますが欠品。

後部裏側
こちらはクッションパッド付属


続いて内部、ソフトアーマーとハードプレート

前部

下腹部にも小さいプレートが入りますが欠品。

後部



プレートは前後で厚さが異なります。



オーガストウォー2016で着用したときの写真。



使用例

主に2000年代で使用され、10年以降の写真でも時々見受けられます(下の写真はほとんど10年前後ですが…)

.陸軍











.海軍






縫い付けのマガジンポーチは使用せず、コットンポーチを使用するのがポピュラーな運用スタイルですね。  


Posted by 土佐猫  at 00:01Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2016年08月12日

August War 2016 No.1

8月7日に南オセチア紛争撮影イベント【August War 2016】を行いました。

ロシア軍・グルジア軍・カメラマン合わせ17人も集まって頂き、ロケーションが素晴らしい事で有名なRock254さんで貸切と、前回よりも大幅にパワーアップしての開催となりました!




沢山撮影して頂き写真が多いので、今回は参加者諸兄の紹介をさせて頂きます。


・ロシア軍



アレクセイ モフモフ氏


vodka氏


bilibin氏


PJ氏


kvas氏


屑鉄氏


chippy氏


CRS氏


shike-cho氏


ウガキニコフ氏


ivan氏


土佐猫



・グルジア軍



グルジアン氏


クマノリ氏



・カメラマン

ウオミ氏


satius氏


seom氏


こちらの濃ゆい方々の他にもchippy氏、vodka氏も撮影してくださいました!



No.2に続きます!
  


Posted by 土佐猫  at 17:36Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2016年07月07日

露連邦軍 6B45 ボディアーマー

現在、ロシア連邦軍全体で配備が進んでいるテヒンコム製ボディアーマー6B45の紹介です。




6B43/45共に配備されているようですが 見ている限り多いのは6B45のようです。


裏面


それぞれベルクロで取り外し可能なパットが付属しています。


タグ
サイズ2ですが、他のアーマーと比べると小さく感じます。


ソフトプレートは内部に縫い付けてあり、取り出しは出来ません。

ハードプレートは未入手ですが、前後に挿入し、7.62×54R弾も防ぐことが出来るようです。

他にもオプションでサイドプレート、グローインアーマー等もあるようですが、実際に使用しているのは見たことがありません。




そもそも6B43と6B45の違いとは? という方も多いかと思います。

以前撮影した6B43・6B45比較を紹介します(現在43が手元に無いので大雑把になりますがご容赦を…)


43が旧デジフロ、45がVKBOデジフロのような色合いになっています(例外もあるかもしれません)

前面上部

45は側面に補強が入っています(赤丸)

また、上部モールの数が45では減少しています。

前面下部

43はプレートを裏面から挿入しますが、45では表面から挿入するよう変更されています。

腹部固定部分

43はファステックスをリングに通す方式、45はベルクロになっています。

背面

45にのみ取っ手があります。

特徴を理解していても実際の映像やアサルトベストを着用していると判別が難しかったりします…w


使用例(沢山使用されてるので端折って紹介)

・陸軍

インドラ演習 2015




・空挺軍

第76親衛空挺師団



第98親衛空挺師団


第106親衛空挺師団



第7親衛空挺師団



・海軍歩兵

第810独立海軍歩兵旅団


シリアから帰投した同旅団



・シリア派遣






最近ではアサルトベストを着用せず、アーマーにポーチを直に着けるスタイルも多くなってきました。

シリア政府軍にも6B43/45などのロシア製装備が譲渡されています。


地雷撤去にあたる工兵。デザートカラーの6B45.6B47を装備しています。


海外ジャーナリストにも貸し出されました。


フメイミム空軍基地での2016戦勝パレード



せっかくなので6B43の使用例も

・クリミア2014


ごく少数で6B43の着用が確認できます。

・陸軍



インドラ演習2015


ツェントル演習2015



・海軍歩兵




・シリア


特徴さえつかめば判別は出来るようになると思います。

また、名前が逆で販売されていたりするので、よく見て購入するのが吉ですね。  


Posted by 土佐猫  at 08:33Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2016年06月21日

露連邦軍 6B19 ボディアーマー

ロシア連邦軍 海軍歩兵で使用されているNPO-SM製6B19ボディアーマーの紹介です。



複数カラーバリエーションがありますが、デジタルフローラ迷彩の物を入手しました。


本来はライフプリザーバーがセットで、下部のファステックスはライフプリザーバーを固定するものです。



ライフプリザーバーを装着したブラックカラーの6B19



状況に応じてアーマーは着ず、ライプリのみ着用している兵士もいるようです。


近年FORT製フローティングアーマー Korsair-MPが配備されていますが、6B19もまだまだ使用されています。


裏面タグ


前面ソフトアーマー


ネックガード


背面ソフトアーマー


前面、背面ハードプレート




使用例
(多く使用が見られるのはブラックカラーですが、今回はデジタルフローラに絞って載せます)

・部隊未確認(分かり次第書き足す予定です)







・黒海艦隊 第810独立海軍歩兵旅団







フローラ迷彩のライフプリザーバーを装備していますね。

何枚かの写真にはフローラ迷彩の6B19を着ている兵士も確認できます。

・第155独立海軍歩兵旅団


・ヴォストーク演習2014





・シリア派遣 2015(810旅団)






実際に着用

着こなしが少々だらしないのは許して下さい…

内部用ベルトを表に出して巻くスタイルを見かけたので真似ています。
この方がしっかり固定出来るので気に入ってます。  


Posted by 土佐猫  at 13:29Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2016年06月19日

露連邦軍 6B23-1 イエローフローラ迷彩

6B23は以前書きましたが、新たにイエローフローラ迷彩タイプを入手したので紹介します。




Klass社製

南部軍管区、山岳方面での使用を見かけるアーマーです。


内部パーツも紹介していなかったので掲載します。

前面ソフトプレート&防弾プレート


防弾プレートはケブラー入りの袋に収納します。

背面ソフトプレート 2枚

上に乗っているソフトプレートは内側に挿入します。

内部の作りはメーカーによって多少異なるようです。



使用例

・南オセチア紛争(恐らく停戦後)平和維持軍





・第7軍事基地(アブハジア駐留部隊)





・陸軍第34独立自動車化歩兵旅団






部隊不明

最新装備との合わせが新鮮です。
(山岳部隊特有の迷彩ブーツを履いている隊員もいますね)


実際に着用


第7軍事基地兵士を参考にしました(写真では冬季服ですが…)


イエローフローラの6sh92、ヘルメットカバーもいずれ入手したい所です。  


Posted by 土佐猫  at 20:36Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2016年06月14日

露連邦軍 6B14 ヘルメット

同志の方に譲って頂いた6B14ヘルメットの紹介です。



6B14はssh68ヘルメットの改良型で、ケブラー追加で防御性能向上(クラスⅠ)されており、チンストラップ等が変更されています。

今回入手したのは連邦軍で使用されているssh68Mタイプで、他に国内軍向けのssh68Nというバリエーションがあります(どちらも名称は6B14)

塗装無し、チンストラップも変更されていない初期型の6B14もあるようですが、ぱっと見ssh68と変わらないので見つけるのは難しいです…

重さは1.7kgと所持ヘルメットの中ではトップクラスの重量です。



改良されたチンストラップ

顎にフィットして使いやすいです。
ベルクロでサイズ調整が出来ます。


裏面
生地が臙脂色に変更されています。
ssh68同様に紐で細かくサイズ調整が出来ます。

ssh68と比較


ケブラーが入った事でかなり分厚くなってます。


使用例

・米露演習 トルガウ2005




・南オセチア紛争停戦後 平和維持軍


・第7軍事基地(アブアジア駐留部隊)




・海軍歩兵




国内軍での6B14(ssh68N)使用例


68Nは黒いチンストラップ、迷彩塗装が無いのが特徴です。  


Posted by 土佐猫  at 18:21Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2016年05月08日

露連邦軍 6B12M ボディアーマー

今回は6B12Mボディアーマーの紹介です。



6B12の改良型であり、大きな特徴はプレートユニット(前面装甲)が脱着可能という事です。


6B12は陸軍や空挺軍での使用が多い印象でしたが、この6B12Mは海軍での使用が目立つアーマーですね。



各部紹介

前部

前面装甲が付いていない状態です。



後部



プレートユニット(ネックガード、グローイン、プレート)


ハードプレートとソフトプレートが入ります。



ユニットは2つの金具で固定出来ます(強度大丈夫…?)



組み合わせ例

2000年後半 海軍歩兵風



2014〜 海軍歩兵風



使用例

空中襲撃旅団





陸軍


左の兵士はプレートを着けていません。

海軍歩兵






ほとんどグローインを収納して使っているのも興味深いですね。


今後は現用装備をパッチ収集程度にして、2000年代を煮詰めたい…(願望)  


Posted by 土佐猫  at 00:10Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2016年03月22日

露連邦軍 6B12 6sh92


今回はVSR-93迷彩の6B12アーマーと6sh92ベストを紹介します。

これらのアーマーとベストは6B7ヘルメットと共に00年代初期頃の歩兵装備システム Barmitsaの一環として開発されたようです。


6B12 ボディアーマー

数複ある6B12シリーズの中の初期モデルで、第二次チェチェン紛争期から使用されました。
今回入手したVSR-93の他にフローラパターンの物もあります。


前面


前面(グローイン収納時)


背面


前面裏側


背面裏側


前面ソフトアーマー


背面ソフトアーマー(内側)


背面ソフトアーマー(外側)

これらのソフトアーマーの他に、本体にもソフトアーマーが縫い付けられています。

実際は更にメインプレートとグローインプレートが入ります。


13年型冬季服と共に着用。

最近でも使用されており、デジフロとの相性も良いです!


使用例

チェチェン紛争



コソボ紛争 KFOR派遣兵士




空挺軍(第76親衛空挺師団兵士)



空中襲撃旅団兵士



陸軍(201軍事基地兵士)







南オセチア紛争





GRUスペツナズ




ウクライナ方面親露派兵士




6sh92 アサルトベスト

ご存知の方も多いと思うので軽く紹介。

前面

背面


バックパック

RPKポーチは欠品でした。


VSR-93迷彩モデルの使用例

チェチェン紛争




陸軍(201軍事基地兵士)






南オセチア紛争




アーマーもベストも個人の好みで載せている物が多数なので(もともと201VB用に購入したので…)調べれば更に使用例は出てくると思います。  


Posted by 土佐猫  at 19:43Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2016年02月05日

露連邦軍 BTK製 デザートブーツ


http://marinetosaneko.militaryblog.jp/e732779.html
↑前回の熱帯服に続き、熱帯装備シリーズのデザートブーツを紹介します。


通常のサマーブーツと違い、革だけでなくナイロンも使用されています。


底面にはBTKグループの刻印が入ってます。


内部はメッシュとクッション生地が入っていて履き心地が良いです。




基本的に熱帯服とセットで使用されていますね。  


Posted by 土佐猫  at 16:51Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2016年01月31日

露連邦軍 BTK製 熱帯服

熱帯で活動するロシア軍向けのユニフォームを入手したので紹介したいと思います。


正式名称は不明ですが、マニア間ではtropical uniform(熱帯服)と呼ばれています。

タジキスタン駐屯ロシア軍、第201軍事基地で00年後半にテストが行われ、2011年頃に採用されたようです。

そして、最近 シリアで活動するロシア連邦軍が着用して注目を集めました。


細かく紹介していきます。

ジャケット

6ポケット、腕のサイズ調整は全てベルクロ、フロントの開閉はジッパー式。

照明の影響でタンカラーに見えますが実際はもう少し赤みがあります。


タグ

生地の配分も他の夏季服と異なり、さらに薄手で着心地がよく、汗の吸収も良さそうです。


腕まくりを固定するストラップが付いています。


エポレット

本体も外せるようになっています。


脇はメッシュになっています。


Tシャツ

56-2という特大サイズでしたw(インナーとして使う分には問題無し)


パンツ

股間部はジッパー式。


後部

2つのポケットとナイフポケットが付いてます。



短パン

こちらはシンプルに前面にポケットが2つのみ。

当たり前と言えば当たり前ですが、戦闘、戦闘訓練では使用していません。後方や基地内等


ちなみに短パンだけ2010年製で、上記で紹介した13年製(写真左)と比べると結構色が違います。


ベースボールキャップ

後部ベルクロでサイズ調整可能。


パナマハット


内部に帽垂れが収納されています。



使用例

・第201軍事基地(タジキスタン)






現行型と違い、初期のロット(08~09年製?)は灰色気がありますね。






・第7軍事基地(アブハジア)



・第102軍事基地(アルメニア)



・シリア








・海軍歩兵





・第7親衛空挺師団(ロシア、ベラルーシ、セルビア合同演習 スラブの絆2015)






  


Posted by 土佐猫  at 01:17Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2015年10月17日

10月12日 花巻CQB ゲーム会

先週三色さん製作中のフィールドのゲームに参加して来ました。
※製作中の為当分は知り合いのみで行うそうです。参加したい旨の問い合わせは御遠慮下さい。




私とステファン



アレクセイさん



デジフロにアーマー+鉄ヘルで合わせました。


訓練などで良く見るスタイルですね。


コットンマガジンポーチも廃れる事なく使用され続けてます。



今回は写真が多いので自分達の写真のみで失礼します^^;



対化学兵器テロ訓練風











伏射訓練風












































参加された皆さん、お疲れ様でした!  


Posted by 土佐猫  at 19:58Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2015年09月19日

ソ連軍 アフガン侵攻装備進捗

最近MGS Vばかりやっててあれもこれも疎かになってました…


ソ連軍の装備(主に迷彩服)が若干アレでしたが気にせず楽しんでます…w



アフガン侵攻装備がある程度揃ってきたので、少し前に三色さんのフィールドで使ってみました。


当日の装備。



・ssh68 ヘルメット
・6B2 ボディアーマー
・56式 チェストリグ
・夏季アフガンカ
・兵用ジャックブーツ
・ソ連軍ベルト
・コットン4室ポーチ、熱地用水筒
・RD-54 空挺背嚢


ゲーム中の写真(ヘルメットは脱いでました…)






6B2+56式チェストリグはよく見る組み合わせで自分も好きです(RD-54改造チェストリグも良いですね)


6B2+チェストリグ参考写真






以前アフガンチェストの名で売られていたリフチク後期型チェストリグを、アフガン装備として使用していましたが、これが出回り始めたのはアフガン撤退後のようで、誤りでした。




こちらの写真はよくアフガン時の写真と言われ、自分もそう思い込んでいましたが、90年初頭の写真のようです。


今回このような装備を載せましたが、アフガン装備は他にも民生品や改造装備などの使用、紛争後期の6B3アーマーの使用など奥が深いので、あくまで一例として見て頂けると幸いです。


夏季アフガンカも最近良く出回ってるのでアフソ装備是非増えて欲しいモノです!


http://youtu.be/bVJav-OXurc
第9中隊再現アニメ  


Posted by 土佐猫  at 22:48Comments(0)銃器 & 装備ソ連軍

2015年08月16日

露連邦軍 6B47 ヘルメット


今回はロシア連邦軍で新たに採用されたヘルメット、6B47の紹介です。


高い防御性能のおかげか、6B43/45アーマーと共に配備が進んでいます。



前面


連邦軍初NVGマウントベースが導入されています。肝心のナイトビジョン使ってるのは見た事ないですが…(GoProならちらほら)



前面 マウントベース収納時。



左側面



右側面 右側のみ20mmレールが付いてます。



右側面 20mmレール収納時。


一緒にゴーグルも固定出来ます。



後部 


ベルクロと左右のストラップでゴーグルを固定できます。



パラシュート降下用の耳あて。



カバー無し(後部撮り忘れ…)





裏面






6B7-1Mと比較 前面



6B7-1Mと比較 側面


1Mと比べると僅かに小ぶりで丸みがあります。


ちなみにチンストラップは6B7-1Mと一緒です(細部変更箇所はありますが…)



付属品
デジフロカバー、スノーカモカバー(降下耳あて無し)、三色バラクラバ、予備チンスト




以前6B46と一緒に着用した時の写真。



使用例








第98親衛空挺師団



第98親衛空挺師団



第98親衛空挺師団



第76親衛空挺師団



第76親衛空挺師団



海軍歩兵



海軍歩兵



うろ覚えですが、ウクライナ国境付近で撮影された写真だったと記憶してます。


今後も露出が増えてくるアイテムだと思いますね。


現行装備は金額がとんでもないので6B45はもうちょっと後に買いましょう…

  


Posted by 土佐猫  at 18:10Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2015年08月02日

露連邦軍 6B46 プレートキャリア

ロシア連邦軍で採用されたテヒンコム製プレートキャリア、6B46の紹介です。




最近アーマーと言えば6B43/45が配備されつつありますが、このプレキャリは今年行われた戦勝70周年パレードで第98親衛空挺師団隊員が着用し、注目を集めました。



戦勝70周年パレード練習時 第98師団隊員(右)



戦勝70周年パレード練習時 同師団



戦勝70周年パレード本番 同師団


大規模でのプレートキャリアの使用は大変インパクトがあり魅了されました。



それでは細部の紹介を


6sh112から取り外したポーチを装着。



開き



前面裏側。


ベルクロ部分には本来専用のパットが付きます。



市販のミディアムサイズのダミープレートを挿入してます。



腹部の開口部からサイドプレートを挿入出来ます。



ショルダー部分



後部裏側。


こちらもパット用のベルクロが備え付けてあります。



後部の中面を引っ張り出した様子。


プレートをしっかり固定出来ます。



プレート保持部分とは別でもう一つ収納があるのでハイドレーションも入れる事が出来ます。



テヒンコムタグ。



細かいサイズ調整も出来て着心地も良いです。


今後デジフロ系のポーチを増やして行きたいですね。


パレード以降の使用が確認出来ないので使用例どんどん増えて欲しいです!  


Posted by 土佐猫  at 07:32Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2015年07月21日

7月19日 八戸GFBさん定例会 デジフロ合わせ

北上して涼しい場所でコスプレしたい、というコンセプトの元、ロシア装備仲間で青森遠征して来ました。


GFBさんのゲームには初めての参加。


チームの方や外人の方々と楽しくゲームが出来ました。


台風が接近して不安だった天気も、小雨のち曇りでゲームに支障はありませんでした。




今回メンバー。




デジフロ装備合わせて行きました。




ロシアでもお馴染みの自撮り。
































終日涼しく、最後までフル装備で戦えました。


緑が多く、地面の露出も少なかった為、デジフロの迷彩効果を発揮出来ましたね。重装備ながら隠密行動が良く出来ました。


米軍さんとの戦闘はお互いの戦いを称え合ってスポーツマンシップを感じましたw


ちゃんと英語喋れたらもっと面白かっただろうなぁ


参加された皆さん、お疲れ様でした。


それではー  


Posted by 土佐猫  at 20:31Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2015年07月12日

ロシア連邦軍 VKBO収集進捗


これまでに入手したVKBOアイテムを紹介します。


ちなみにVKBOとはロシア連邦軍の様々な天候や気候に対応する最新被服システムの事です。



あっという間に配備されてちょっと驚きましたw


早速紹介を、

・Level4 夏季服


システムの基本となる被服です。(シワが凄くて申し訳ありません…)


ちなみに入手したのは48-50.3-4(VKBOはダブルサイズ)


よく出回ってるのはこのサイズで、小柄な自分には少し大きいです。


ジャケット


フロントはボタンではなくジッパーとベルクロ固定です(自分は暑い時ベルクロだけで留めてます)


ズボン


着用例


夏服と言っても通気性が悪いので夏でも結構暑いです(脇や背中にメッシュが欲しかったなぁ…)


春秋で丁度良い位だと思います。


最近はレプリカも出回ってますが色がまるで違うので、レプでも良いという方でもあらかじめ色を確認する事をお勧めします。


・ウィンドブレーカー


夏季服より生地が薄手なような…



イマイチ使い所がわからないアイテム…(Level4導入前は13年型デジフロの上に羽織って現用感出してました)


・Level9 冬季服


こちらも48-50.3-4サイズ


軽量な素材で出来ている為非常に軽く、重い冬季アフガンカとは雲泥の差です。



ジャケット


ポケットは腕と腹部


ズボン


脚の側面がジッパーで開くようになってます。


ポケットは無く、ジッパーを開けてインナーのズボンのポケットを使用する形になると思われます。



着用例


表面生地がナイロンなので防水効果も期待出来そう。


保温性も申し分無さそうで、冬でも動いたら汗をかきそうです。


・フィールドキャップ


帽章は縫い付けになっています。


従来よりつばが長いです。


・冬季帽


デジフロ部分は旧タイプの生地です。


各部ベルクロで留められているので用途に応じたスタイルで使用出来ます。


個体差か自分のはベルクロの粘着力が弱いです…


・ベルト


夏季服はズボンに、冬季服は服の上から装着してるのを見かけます。


それでもソ連型ベルトはまだまだ使用されてますね(嬉しい)


現状所持している物で以上です。


デミシーズン、バラクラバ、手袋等欲しい関連アイテムはまだまだあります。


ラトニク(次世代軍装)計画でどんどん更新されていくロシア連邦軍


現用沼はとても広い…

  


Posted by 土佐猫  at 00:46Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2015年06月25日

夏季&冬季アフガンカ

ソ連軍アフガン侵攻時に使用されたアフガンカの紹介です。



夏季アフガンカ


元々持っていた大きいのは売却して44-3サイズを入手(アメリカサイズでS-M程)


知っている方も多いと思うので細部の説明は省略。



夏季アフガンカ着用図


4ポケットスタイルなので本来シャツinする物ではありませんが、入れている兵士も多数居たので真似てみました。



冬季アフガンカ


こちらも44-3サイズ
幸運な事に中々出回らない小さいサイズを安く入手出来ました。


ポケット配置などは夏季服と一緒ですね。


内部のインナーは取り外し可能。


冬季アフガンカ インナー



冬季ジャケットの背中にはナイロン製のフードが収納されています。



冬季ズボンにはサスペンダーが付いてます。



冬季アフガンカ着用図


防寒服はソビエトらしさが出てカッコ良いですね!(重くて生地が厚いので、冬でも動けば暑そう…)



各ジャケット比較


同じ44-3サイズですがインナーが入っている分冬季の方は大きいです。何故か丈も長い…



左 夏季服ボタン、右 冬季服ボタン


冬季服は手袋をしても付け外ししやすいようにボタンが大きくなってますね。



ズボン比較


ともあれ着るのはしばらく先になりそうです…w



おまけ

アフガンなヘッドギア達


アフガンカキャップ


パナマハット


ウシャンカ帽


SSH68 ヘルメット  


Posted by 土佐猫  at 14:17Comments(0)銃器 & 装備ソ連軍

2015年06月19日

KIRASA製 6B34ゴーグル GEN3

6B34ゴーグルの第三世代を入手しました。





最近メディア露出が多いゴーグルですね。


ODのバンドとデシフロのカバーが特徴的です。


第三世代は防破機能も備わっています。


6B7-1Mに装着



使用例












  


Posted by 土佐猫  at 10:46Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2015年06月10日

SSO製 BOBERリュックサック



山岳部隊等で使用されているリュックサックを入手しました。






大中小の収納、両サイドにボトルホルダー、中ポケットと小ポケットの間はヘルメットなどを保持出来るようになっています。


ポケットが複数ある分、物の出し入れが用意なので登山でも重宝しそうです。



使用例


陸軍第33旅団


陸軍第34旅団


34旅団


34旅団


空挺軍第7師団





最近はモールが付いている現行タイプしか売っていなかったので、使用例の多い旧型を入手できてラッキーでした。



山岳装備もまだまだ買いたいものがあるので充実させていきたいですね…  


Posted by 土佐猫  at 21:28Comments(0)銃器 & 装備ロシア軍

2015年06月09日

6月7日 BJ仙台 定例会

お知らせと言うほどではありませんが、ブログの画像容量が不足して来たので近々ブログを作り直す予定です。
容量変更出来ましたので続行します。




久しぶりにバンブー行って来ました。


某陸軍少尉、某海軍大尉と参加。


今回装備



前半
・VKBO Level4 (夏季服)
・6B7-1M ヘルメット
・6b23 ボディアーマー フローラ迷彩
・6Sh92-5S ベスト
・PMK-3 ガスマスク





後半はバテて軽装…
・パルチザンスーツ
・MDL ブーニーハット
・6Sh112 ベスト フローラ迷彩




45旅団な感じ。






少尉殿






大尉殿












参加された皆さん、お疲れ様でした。


それと車のトラブルで手を貸してくださった方々に圧倒的感謝です!



次回は21日にバンブーさんに行こうと思います。


それではー
  


Posted by 土佐猫  at 18:09Comments(2)銃器 & 装備ロシア軍

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
土佐猫
土佐猫
ロシア装備が気になる年頃…
オーナーへメッセージ


/ ALL Rights Reserved